医療安全管理指針

[ 医療安全管理指針 ]

■ 医療法人 知邑舎 岩倉病院 医療安全管理指針

■ 基本方針

本指針は、岩倉病院(以下「病院」という。)における医療安全管理体制の確立および医療安全管理のたの具体的方策ならびに医療事故等発生時の対応方法について、 指針を示すことにより、適切な医療安全管理を推進し、安全な医療の提供に資することを目的とする。

■ 医療安全管理に関する基本的考え方

1.「人間は誤りを起こすもの」という認識に立ち、発生した誤りが医療事故につながらない環境、手順、体制・組織を整える。

2.「事例に学ぶ」という姿勢を堅持し、発生した誤りを積極的に、主体的に報告する職員の認識と職場環境を整え、報告された誤りを真摯に受け止め分析し再発の防止と誤りが医療事故に繫がらない体制を整備する。

3.医療の内容・病院システムの変更・編成などが変化するなかで常に新たな種類の医療事故の発生の可能性を検討しこれを未然に防ぐ前向きな視点、観察力、発想力など培う。

4.病院全体としての、医療の質の向上への継続的な取り組みを堅持することで安全で信頼される医療を提供する医療環境を整える。

5.各医療現場、職種では主体的、自主的な取り組み(対策)を促す姿勢であり、個々の誤りの責任を追及するものではない。

■ 医療安全管理に係る体制確保のための組織等

本院の安全管理体制の確保及び推進のため、次に掲げる組織、人員等を配置し、別途規程等に定める。
(1) 副院長
(2) 医療安全感染管理委員会
(3) 医療安全対策室
(4) 医療機器安全管理責任者
(5) 医薬品安全管理責任者

■ 医療に係る安全管理のための職員の教育と研修

医療安全に関する基本的な考え方や医療事故防止の具体的方策の周知徹底および医療事故発生時の対応等の習熟を目的にした職員研修を計画し、定期的に(年2回以上)開催する。

■ 事故報告等の医療に係る安全確保を目的とした改善方策

医療に係る安全管理の確保のために、患者に実害のない事例も含めて広く医療事故報告を収集し、調査・分析に基づく改善策の策定及びその実施状況の評価を行なう。

■ 医療事故発生時の対応

医療事故が発生した場合には、患者に対しては医療上最善の処置を行うとともに、状況の悪化に直ちに対応できる体制を整備する。
医療側の過失によるか否かを問わず、患者に望ましくない事象が生じた場合には、可能な限り、まず、病院内の総力を結集して、患者の救命と被害の拡大防止に全力を尽くす。また、患者・家族等に対しては、誠実に速やかな事実の説明を行う。

■ 医療従事者と患者との間の情報共有および指針の閲覧

患者・家族からの医療の安全管理および安全対策等についての質問等があれば積極的に情報を開示し、患者との情報の共有に努める。

■ 患者からの相談への対応

患者・家族からの相談に適切に応じる体制を確保するために、患者相談窓口を設置し、患者支援室および医療安全対策室が担当する。

■ その他

1.医療安全の推進のため、医療安全マニュアル及び改善策の見直しを継続して行い、改正内容については、職員への周知徹底を速やかに行なう。
2.他の医療機関等の安全対策や医療事故等の有用な情報収集を行う。

※ 附 則

この指針は、平成25年5月1日から施行する。

 ▲ ページ先頭へ