設備について

ご挨拶

基本情報

医師の紹介

設備について

MRI

手術室

人工透析

CR

DR

マンモグラフィ

最新型マルチスライスCT

外科用X線装置・イメージ

ポータブルX線撮影装置

P C W / P A C S

組織図

病棟のご案内

個人情報保護

当院の沿革

■ M R I (Magnotic Resonanse Imaging)

M R I

M R I  M R I

磁気共鳴画像診断装置・オープンMRI・患者さまに不安を感じさせない設計・検査中も
コミュニケーションをとりながら高精密画像を撮影します。
当院では、脳ドッグにも使用しています。

※ RIで使われる磁石や電磁波は人体に影響がありません。
※ 心臓ペースメーカー等を身につけている方は、お受けいただくことが出来ません。
※ 脳内に脳動脈クリップや人工関節など金属が埋め込まれている方は、以前に外科手術を受けた事がある方、妊娠している方または妊娠の可能性のある方は、事前に医師、技師までご相談ください。

D R D R D R D R
D R D R D R D R

 ▲ ページ先頭へ 

■ 手術室

手術室

手術室

最新の手術設備を2室完備しています。

 ▲ ページ先頭へ 

■ 人工透析

人工透析

人工透析

一階人工透析室。

 ▲ ページ先頭へ 

■ C R (Computed Radiography)

D R D R デジタルX線撮影装置・血管系、非血管系IVRに加え、消化管など各種造影撮影検査が可能。観察する部位を際だたせて表示することに優れています。また線質改善により、低被曝を実現、撮影中も患者さまの負担を軽減するシステムになっています。

D R D R D R D R
D R D R D R D R

 ▲ ページ先頭へ 

■ D R (Digital Ragiography)

C R C R 一般撮影室は、清潔感のある明るい部屋で、車椅子やベッドも入れるように広いスペースを確保してあります。初めての患者さまにもストレスを感じさせず、安心して検査を受けていただけます。

※ 造影剤を使用する場合は、事前に問診を行います。


D R D R D R

 ▲ ページ先頭へ 

■ マンモグラフィ

マンモグラフィ 乳房撮影装置・乳ガン早期発見の機器・女性に優しいX線撮影装置です。迅速で正確な患部病巣の位置決定が可能。検査中も煩わしさを極力軽減しています。 
▼ マンモグラフィについて、詳しくは乳がん健診をご覧ください。

※ マンモグラフィを取扱う技師は、検診精度管理中央委員会の「検診マンモグラフィ撮影認定診療放射線技師」の認定を受けています。
※ マンモグラフィの撮影は、すべて女性技師が行います。
※ ペースメーカー、豊胸手術などを受けたことがある方は、撮影前に必ず担当技師にお申し出ください。

 ▲ ページ先頭へ 

■ 最新型マルチスライスCT

最新型マルチスライスCT 最新型マルチスライスCT 当院では、全身用マルチスライスコンピュータ断層撮影装置(MDCT)を導入しました。このCT装置は日本初のCT装置です! 心筋に栄養を与える動脈(冠状動脈)や、足の血管の撮影に必要な息止め時間は10秒以内です。息止め時間が非常に短いことが特長で、患者様に楽に検査をしていただけるシステムとなっております。
▼ マルチスライスCTについて

※ 造影剤を使用する場合は、事前に問診を行います。

D R D R D R D R
D R D R D R

 ▲ ページ先頭へ 

■ 外科用X線装置・イメージ

外科用X線装置・イメージ

外科用X線装置・イメージ

救急時や手術時の外科処置に対応した移動可能なX線装置です。高画質な映像で検査でき、被曝低減機能を装備していまので、患者さまにやさしく状況に応じスピーディーな処置が可能となります。

 ▲ ページ先頭へ 

■ ポータブルX線撮影装置

ポータブルX線撮影装置

ポータブルX線撮影装置

病室にてX線の撮影が可能で、寝たきりの方、手術前や術後の方、状態急変した場合にも即座に対応できます。 

 ▲ ページ先頭へ 

■ P C W / P A C S (医療画像総合管理システム)

P C W

[ P C W ]

動脈硬化の鋭検査装置・細やかな症状の把握により早期改善を可能とします。
P A C S

[ P A C S ]

画像保管管理システム・膨大な医療データである撮影画像をデジタル化して保存・管理・検索が瞬時にして可能。各種診断・検査装置からのデータ転送がネットワークにより診察室へすばやく届き、患者さまの診断や治療へのアドバイスなどがよりスピーディに的確に行われています。