回復期リハビリ病棟

診察のご案内

外来診療表

人間ドック

脳ドック

胃がん検診

乳がん検診

男性型脱毛症診療

入院のご案内

急性期一般病棟

回復期リハビリ病棟

入院から社会復帰まで

入院のご案内

実際のリハビリ療法

リハビリ病棟レポート

嚥下(飲み込み)のリハビリ

療養型病棟

透析室

■ 入院から社会復帰まで

■ 入院生活のすべてがリハビリテーションです

「いつもの生活に戻りたい」
そんな思いに、実生活の体験練習を通して、楽しみながら社会復帰への準備をしてゆきます。

■ 入院のご案内

■ 入院に際して

入院・治療に要する費用は、原則として健康保険法に定められた額により算定いたします。
ただし、保険適用外のものについては、全額自己負担となります。
個室および四人部屋を利用される方の諸費用は、下記をご参照ください。

 ▲ ページ先頭へ 

■ 実際のリハビリ療法

■ 理学療法

個々の運動機能を改善します。それぞれのリハビリメニューに沿って、患者さまの本来の身体機能を回復していきます。

■ 作業療法

個々の運動機能や感覚機能を改善します。 指先から伝わるケアで患者さまと一体となったリハビリで、細かな機能の改善を行います。

■ 言語療法 

言葉や嚥下に関わる機能を改善します。専門スタッフが食事の摂り方や、症状に合わせた療法を実践します。
◎ 嚥下(飲み込み)のリハビリ

■ 訓 練

改善した機能が少しでもあれば、その都度この機能が実際の動作内で使われるように訓練します。
歩行訓練や道具を使った訓練は、患者さまとコミュニケーションをとりながらペースに合わせて行います。

■ 家屋評価

院内で使える動作がご自宅でも使えるか、家屋環境を確認して退院に備えます。

 ▲ ページ先頭へ 

■ リハビリ病棟レポート

リハビリテーションセンターの新着情報を掲載しています。


2015年
>> 4月

2014年
>> 4月

2013年
>> 4月

2012年
>> 5月

2011年
>> 9月

2010年
>> 4月

2009年
>> 12月 >> 11月 >> 8月 >> 7月 >> 5月 >> 4月 >> 3月 >> 2月 >> 1月

2008年
>> 12月 >> 7月 >> 5月 >> 4月 >> 1月

2007年
>> 12月 >> 11月 >> 9月 >> 8月 >> 4月

 ▲ ページ先頭へ 

■ 嚥下(飲み込み)のリハビリ

■ 検 査


まずVF検査で診断

こちらは、VF検査室です。リラックスして検査が受けられるようになっています。

患者さんのタイプに合わせて検査

VF検査時、台の角度を変えながら検査を行うことで患者さんがどの体位なら安全に食事を摂取することが出きるかを判断することができるようになっています。

専門のスタッフがリハビリをサポート

検査中飲み込みが悪くても、専門スタッフが付き添っているので、嚥下反射促通手技や、メンデルゾーン手技を行うことで飲み込みを助けることができます。

■ 嚥下体操


食事前の体操も大切なメニューです

嚥下体操は、食事を摂るときに安心しておいしく食べられるようにするための体操です。ご自分の状態に合わせてモデルの人の運動を見ながら行なうようにしてみましょう。嚥下体操のシナリオを基にビデオを作成し、食前に食堂などでビデオを見ながら皆で嚥下体操を行なます。

色々なケースに対応した治療を

・アイスマッサージ
冷凍させた綿棒に少量の水をつけて、軟口蓋や舌根部を軽く2,3回接触あるいは圧迫しながら刺激したあと、すぐに空嚥下させるリハビリ。嚥下反射が誘発されやすく、通常、食事前の準備体操として用いられています。

■ 嚥下食メニュー例


開始食

これは、当病棟の開始食です。食事を食べるための最初の訓練で使用するゼリー食です。飲み込む反射がない方でも、安全に味わうことができます。

嚥下食1

開始食の次に始まるのが、嚥下食1です。お茶ゼリーとムースベースの2品を食べる訓練に使用します。喉にツルンと入る食形態で、飲み込むタイミングを覚えてもらいます。

嚥下食2

次に嚥下食2です。メニューは、下から重湯ゼリーまたは粥ゼリー(全粥ミキサーをゼリーで固めたもの:これは口腔機能の良い方に召し上がって頂いています)味噌汁ゼリー、絹ごし豆腐、フルーツゼリー、お茶ゼリーです。日によって、多少内容は違ってきます。量を多く摂ることで、患者さんの食事摂取時の疲労の度合いを観ていきます。

嚥下食3

続いて嚥下食3です。メニューは、下から重湯、片栗粉でとろみをつけた味噌汁、ミキサー食にとろみをつけた2品とお茶ゼリーです。飲み込むタイミングが難しい時期でもありますが、この段階まで食事がアップできればあとは口腔機能の善し悪しになってきます。普通食まであと一歩です。あせらず頑張りましょう。

■ 嚥下障害ってどんな障害?

◎ こんな症状はありませんか?
◆ 口角から食べ物がこぼれる。
◆ 口角より流涎がある。
◆ 口腔内に残渣物がある(いつまでも口の中に溜めている)
◆ むせる。
◆ 咳き込む。
◆ 飲み込んだ後、痰がからんだような声になる。
◆ 声がかすれる。
◆ 息が鼻からもれる。
◆ 上を向いて食べる・汁物と交互に食べる。
◆ 食事時間が長くなった。食べる事がつかれる。
◆ 口腔内が汚れている。
◆ 発熱を繰り返す。

以上のような症状がある方は嚥下障害が疑われます。

当リハビリ病棟では、脳血管疾患患者の方で嚥下障害を後遺症に持つ患者様が多く見られます。 そのような方には、必要に応じてVF(嚥下造影)検査を行い、その方の障害の程度を正しく評価し、患者様個々にあった食事形態や、体位を工夫し食事摂取して頂いています。 また、障害を持たない高齢の患者様にも、より安全に食事を摂取して頂くために、1日2回食事前に嚥下体操を実施しています。

※ 入院患者様のみの対応とさせて頂いています。
※ 嚥下(飲み込み)リハビリは入院病棟でのみ行っております。

■ 嚥下の仕組み

■ 嚥下に関わるそれぞれの器官について

■ 燕下のしくみについて

■ 咀嚼から食塊をつくる
食物が口腔内に入ると、まず咀嚼をして食物を飲み込める状態にします。この飲み込める状態になったものを食塊といいます。上手く咀嚼を行い、食塊をつくるためには、咀嚼するための歯があることは、もちろんですが、それと同時に舌頬の運動も必要です。舌や頬に運動障害や感覚麻痺があると、食塊をつくることが難しくなります。また、口唇がきちんと閉鎖出来ないと、口腔内から食物がこぼれてしまいます。

■ 舌尖と咽頭への送り込み
咀嚼がある程度完了したら、舌を使って食物を咽頭へ送ります。この時に重要なのが舌尖の挙上です。舌尖を挙上して上顎に付けることが出来ないと、咽頭への送り込みがうまくいかず、いつまでも口腔内に食物が残ってしまいます。この時にも口唇の閉鎖は重要です。口唇閉鎖ががきちんと出来ていないと、食塊を後方へ送ることが困難です。ま、この時軟口蓋は上へ上がるのと同時に後方へ膨らみ口腔と鼻腔を遮断する準備をします。

■ 口腔と鼻腔の遮断
口蓋にしっかり付き、舌骨が引き上げられ、喉頭が上前方へ移動し、そのため喉頭蓋が後方へ倒れます。軟口蓋は口腔と鼻腔を遮断しています。この時口腔と鼻腔の遮断がきちんと出来ないと、食物や水分が鼻腔に逆流してしまいます。嚥下の際、呼吸は停止します。

■ 食道入口部の開大
舌全体が口蓋にしっかり付きます。そのため舌骨は、更に上方へ引き上げられ、喉頭は更に上前方へ移動し、結果的に喉頭蓋気管へ蓋をするような形で倒れます。また喉頭が上前方へ移動することで、喉頭の後方にある食道入口部が開き、そこへ食塊が押し込まれます。この時に、喉頭が上前方へ十分移動出来ないと、食道入口部の開大が不十分となり、そのため食道へ入りきれなかった食塊気管へ侵入する結果となり、これを誤嚥と言います。誤嚥は食道の開大不全の他、嚥下のタイミングのズレなどでも生じます。

■ 鼻腔と咽頭の交通再開
食道の蠕動運動で、食塊は食道を胃へと向かっていきます。口蓋へしっかり押し付けられていたは、緊張を弱め、舌骨喉頭は下方に下がり、それと共に喉頭蓋は再び上方に上がり始めます。また、口蓋も元の位置に戻り始めるので、鼻腔と咽頭の交通が再開され、呼吸が再開されます。

■ 正常な嚥下運動
以上のような協調した一連の流れとして行なわれて初めて、私達は食物を嚥下することが出来ます。

 ▲ ページ先頭へ